HSPカウンセリング受付センターはHSPカウンセラーが対応。生きづらい気持ちを楽にする最適なカウンセリングが受けられます。(認知行動療法、マインドフルネス認知療法、交流分析、アサーション)Cocoloラーニングアカデミー直営で東京、千葉、埼玉首都圏で対面、電話、オンラインZOOMで受けられます。

HSPカウンセラー CHIKA(ちか)<福岡県>

  • HOME »
  • HSPカウンセラー CHIKA(ちか)<福岡県>

CHIKA(ちか)プロフィール

地域コミュニティを中心に、お母さんがイキイキと歩めるようにとカウンセラー活動を積み上げている。又、不登校、性教育、学校教育についての相談やセミナーも専門的に活動を広げている。
(HSPカウンセラーHSP心理コーチ、認知マインドフルネス心理士、認知行動傾聴士、NLPマスタープラクティショナー、米国催眠療法協会認定ヒプノセラピスト、CLA認定心理ヒプノティスト)

【取扱い心理スキル・コース】
◇カウンセリング
・認知行動療法
・マインドフルネス認知療法
◇セルフカウンセリングコース
◇心理マネジメントコース
コースメニュー紹介はこちら
◇ヒプノセラピー
◇NLPセッション
CHIKAのヒプノ、NLPセッションはこちら

【開催中のセミナー】
学校に行かなくても育つ!
「学校が苦手なお子さんの保護者の方へのセミナー」

【カウンセリング方法】
ZOOM

【ご挨拶】
はじめまして。CHIKA(ちか)です。
私自身がHSPと知ったのは、実は小児科での出来事でした。
子どもの通院時に院内にあったHSCの本を手に取り、少し読んでみたところ、私自身がHSPだったということに気づきました。
その時のなんとも言えない気分は今でも忘れません。
その後、その本を買い私の幼少期を思い出しながら一気に本を読み進めたのを覚えています。
その本とは「ひといちばい敏感な子」だったのですが、何か、自分のこの先の人生に関わる鍵を手に入れたような感覚とでも言いましょうか…
とにかく、とても衝撃を受けました。
家族でひとりだけ浮いている理由が理解でき、心から安心したのです。

・絵を見て泣く。
・音楽を聞いて泣く。
・大きな音に驚き飛び上がる。
・友人と遊ぶよりも一人の時間をとる。

書いたらきりがないのですが、HSPではない親から見れば扱いづらい子どもだったのでしょう。
また、そのような人が自分以外にもいる、という事実にも勇気付けられました。
なぜか、話が合うなと感じたり、何も言わなくても察してくれる友人は、もしかしたらHSPなのかもしれない、とも思いました。
その後、HSPに関する本を読み漁り、HSCの育児に悩むお母さんからの相談を受ける事もありました。
もともと、家庭を基盤に学ぶ子どもの保護者からの相談をうけていましたので、HSPの知識は非常に役に立ちました。
その後、やはり知識をもっと深めたいと、CocoloラーニングアカデミーのHSPカウンセラー講座を受講しました。
最初は緊張しましたが、その後は毎週の講座が楽しみになりました。
刺激はありますが、安心や共感がある場所で、講座終了時が寂しいほどでした。
講座では、さまざまな事を学びましたが、認知行動療法はHSPと非常に相性が良いと思いました。
私は「内向的なHSPに見えない」と言われてしまうのですが、脳内は内向的なので、認知行動療法を日常的に利用しています。いろんな思い込みに気づき、自分を肯定的に捉えることもできました。
「HSPを知ることで、楽しく前向きに生きられる。ただ敏感なだけじゃない。」私はそのように感じています。
そして、過去も現在も未来も大切にできる、HSPの方々が増える事を願ってカウンセリングを行うよう努めています。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

【CHIKAの動画】

お気軽にお問い合せください TEL 03-6804-6539 受付時間 9:00 - 19:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.